解決事例24(妻からの離婚請求につき、財産分与の支払いをおさえる形で離婚したケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫・妻50歳前後。子二人

(解決までの流れ)
このケースでは、妻が子供たちを連れて別居を開始し、離婚を求めてきた段階でご相談を受けました。
まず相手から婚姻費用請求の調停がなされましたが、支払い義務者に高額の医療費の負担があることや相手の監護下にある子に相当程度の収入があること等を踏まえ減額する形で合意に至ることができました。
その後、離婚条件についての話し合いを行いましたが、相手方が早期の離婚を要望をしている事情があったため、各人名義の資産を各人名義にする内容で合意するのであれば離婚に応じる旨を提案したところ、その内容で合意に至ることができました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
婚姻費用事件や離婚の交渉を行う中で、相手が離婚を急いでいるのかどうか等の状況を考えた上で、適切なタイミングで適切な当方に有利と思われる提案を思い切って行ったことにより、無事に依頼者の方が満足いく形で合意に至ることができました。
このタイミングをはかる作業が非常に難しい事件でした。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ