解決事例23(妻と共有の不動産を売却して折半する条件で離婚に合意できたケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫・妻30歳前後。子なし

(解決までの流れ)
このケースでは、妻側の弁護士から夫の不貞行為を理由に離婚と慰謝料を要求されているということで、当事務所にご相談を頂きました。
このケースでは特に婚姻費用についての請求を相手方が要求してこなかったため、その点が紛争化しないように処理を進めました。
相手からの慰謝料請求がありましたが、一方で、婚姻後数年が経過しているにもかかわらず夫婦間で性交渉が全くなされていない状況であったため、当方としては慰謝料の支払いを拒絶する対応を行いました。
交渉の末、夫婦の共有となっている不動産を売却して残る利益の折半と一定の解決金の支払いで離婚することができました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
不貞行為の事実関係自体を争うことは困難な事案でしたが、丁寧に依頼者から事実関係の聴き取りを行うことで慰謝料支払い義務を否定もしくは減額させる事由がある(訴訟になっても争うことが相当程度可能と考えられる)というスタンスをとることで相手の要求を抑えることができました。
依頼者の方も想定していた範囲で合意に至れてよかったです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ