解決事例22(妻からの離婚の要求に対し、妻名義の自宅の共有持分を引き取る形で合意を成立させたケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫・妻40代前後。子なし

(解決までの流れ)
このケースでは、妻側の弁護士から離婚を要求されているということで、当事務所にご相談を頂きました。
離婚を求められる理由も夫側としては納得できておらず、また特に婚姻費用に関する要求も相手方からはでてきておらず、当方としては不合理な条件であれば離婚自体応じられないというスタンスで応じることになりました。
数回に及ぶ相手との交渉により、当方に有利な形で代償金の支払額や支払い方法を定め、自宅の不動産の共有持分を引き取る形で公正証書を作成し、離婚することとなりました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
妻からの離婚の要求がある場合に、訴訟になった場合の見通しや時間が経過することによる時間的経済的デメリットを考えた上で、代償金の調整を行いました。
このケースは依頼者の方が海外駐在中の状況であったため、メール等により打ち合わせを行う形となり、依頼者の方へのご説明を行う作業が制限される状況でしたが、メール等によるご説明で無事にご納得いただいた形で解決に至りよかったです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ