解決事例21(夫から妻へ金銭の支払いと一定期間の自宅の無償使用を認めて離婚できたケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫・妻40代前後。子二人

(解決までの流れ)
このケースでは、夫が強く離婚を求めておりましたが、夫の不貞行為の有責性が問題となるケースでした。
既に妻側に弁護士がついていたため、相手方代理人に離婚を求める内容の交渉を行いました。このケースでは妻側も条件によっては離婚を検討するという意向を早い段階で示していたため、財産分与の資料を整理し、算定しながら相手への提案内容を検討しました。

また、このケースでは、離婚の条件を調停調書にしたいという相手の要望もあったため、調停の中で話し合いを行いました。

調停において、収入をもとに養育費を決定し、金銭的支払いに加え、夫名義の不動産を子が大きくなる期間の間無償で使用させるという内容で合意することができました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
このケースは財産分与の対象財産が非常に多く、また不動産の頭金の処理も問題となっており、財産分与の資料の整理や提案内容の算定が複雑な事案でした。
またお子様への配慮として、自宅を妻に一定期間無償使用させるという要素を関係させながら離婚条件を調整していく作業が難しいケースでしたが、無事に依頼者の方の納得いく形で解決に至りよかったです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ