解決事例19(離婚の原因の証明が容易ではなく、妻の要望が非常に高かったケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫・妻50代前後。子なし

(解決までの流れ)
このケースでは、夫が強く離婚を求めておりましたが、妻が離婚を拒絶しており話し合いが進まないため、当事務所に相談を頂きました。
別居はまだしておらず、別居をするかどうかという点も悩みましたが、経済的負担を抑えるために同居したまま話し合いを行うことになりました。
当事務所にから相手方に離婚の申し入れの連絡を行ったところ、妻側にも弁護士がつき、離婚の条件を提示すれば相手方に説得をしてみるという流れになったため提案を行いました。

このケースでは別居期間がなく、また特に離婚原因として主張できる事実関係があまりなかったこと、依頼者が相当程度の譲歩してでも強く話し合いでの解決を希望していたことから、ある程度譲歩する形で交渉を行うことになりました。

話し合いの末、相手方に不動産の名義を分与し、ローンは夫が負担すること、一定額の金銭的支払いを行うことで合意が成立しました。

当事務所としては、経済的な問題についてはもう少し強気で交渉を行いたいというのが正直なところではありましたが、依頼者の方において、訴訟したり、話し合いを長期化させたくない事情等もあったため、経済的問題につき譲歩することで離婚を優先させました。依頼者の方は、長年離婚が実現できずに困っていた状況であったため、経済的な問題はともかく人生の時間をかえたということで、満足して合意にいたることができました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
妻が離婚を強く拒絶していたり、離婚条件が検討に値しないほど過大な場合に、どのように少しずつ離婚に向けて枠組みを作っていくか、相手方が離婚してもよいと考える条件はどのようなものなのかにつき、詳細に検討・打ち合わせを行い、離婚が実現することができました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ