解決事例15(長期間不動産の処理につき相手弁護士と交渉して合意に至らず、当事務所介入後調停で離婚が成立したケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫、妻30歳程度。子なし。不動産購入時に妻の特有財産が拠出されている。

(解決までの流れ)
この件においては、夫婦の共有となっている不動産をどうするかということで、妻側の弁護士と夫で長期間協議がなされていました。
夫としては、相手の弁護士に連絡をしてもスムーズに連絡が取れない。取れても話し合いが全く整理されていかないということに非常にストレスを感じていました。
このタイミングで、当事務所が介入し、相手弁護士と交渉を行いました。
まずこの事件は、双方ともに不当に低額で相手に不動産の共有持分を譲るのであれば、自らが取得したいという意向があり、どちらに不動産を継続させるのかということも大きな争いになっていました。
当事務所において、その争点につき、相手に譲る場合、当方が取得する場合、いずれの場合も譲る限度を相手に伝え、それでも合意に至るのに時間を要したことから、やむを得ず離婚調停の中で解決を図ることとしました。
調停を進める中で、調停委員が不動産鑑定に詳しい方であったため、同物件を取得する方向での解決の方が得策と考え、結局その方向で決断し、調停委員・裁判官による提案をもとに不動産の共有持ち分を譲り受ける代金を決定し、離婚の条件につき合意に至りました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
事案によっては相手の弁護士が事件の解決のために、事案をきちんと整理してくれないということもよくあります。場合によっては弁護士が紛争を複雑化させてしまうこともあります。
このケースでは相手弁護士は多忙のためかなかなか連絡がつきにくく、また連絡がついてもどの方法は無理でどの方法であれば解決の糸口があるか、という事件の方向性が全く進んでいなかいということにつき積極的に考える様子がなかったため、当方が積極的に選びうる選択肢を狭めていく方向で話を進めました。
また、調停を起こすことで、双方ともに不動産の処理につき選択肢や不動産の価値に対する認識の齟齬が狭まり、無事に合意に至ることができました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ