解決事例14(離婚調停の初回で離婚が成立したケース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(事案の概要)
・夫、妻いずれも20代、乳幼児1人。同居期間1年未満

(解決までの流れ)
この件においては、相手の暴言等をもとに早期に夫が離婚することを求めていました。
調停の第一回目において、相手方の暴言を表す証拠等を持参し、訴訟に至る場合には、慰謝料請求も行う旨を伝えました。。
すると相手の方から相当程度の養育費の支払があれば離婚するという話になり、依頼者としては経済的問題よりも早期の離婚を求めていたため、解決のタイミングを逃さないように、双方慰謝料、財産分与の支払もなく離婚を成立させることができました。

(弁護士が頭を使ったポイント)
通常、このようにスムーズに解決することは簡単ではありませんが、話のもって行き方、証拠提出のタイミングによっては、依頼者のご希望に沿う形での早期の解決が行えるということが分かる事件でした。
離婚のタイミングを逃さないように依頼者の方も早期にご決断頂いたこともよかったと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

お問合せ

このページの先頭へ